住宅ローンと年収の目安はどのくらい?

住宅を購入しようとする際にまず考えるのが、自分の年収ならばどのくらいの予算をたてるのが妥当かということです。
家はとても大きな買い物なので、よほどのお金持ちでもない限り住宅ローンを組むことになります。
頭金として用意できる金額によって個人差が大きく出てしまいますが、一般的には年収の五倍ぐらいまでだと言われています。
つまり年収が400万円だったとしたら2000万円ぐらいの家が適当だということです。
さらにローンを組んで返済していくとしてその返済額は収入の20%以内がいいとされています。

400万円の人ならば月々の返済額の目安は6万6千円ぐらいまでが適正です。
あまり高い金額を返済していくと生活が苦しくなりせっかく買った家を売る事にもなりかねませんので無理のない計画を立てる必要があります。
もっと厳密に言うと金利や頭金、生活と収入のバランスや今後の仕事の見通しなども関係しますが、住宅ローンを決める時はこのような数字を参考にして自分に合ったローンを選ぶことが大切です。