住宅ローンの仮審査、自営業でも通る?

住宅ローンの仮審査を受ける場合、自営業は厳しいのでしょうか。
住宅ローンを組むときの審査項目としては、借入時、完済時の年齢、返済の負担率、勤続年数、年収、担保の評価、健康状態、カードローンや債務の状態をチェックされます。
自営業の場合、ポイントとなるのは安定した収入があるのかということです。
フラット35ですと年収、勤務形態、勤続年数を気にせず審査を受けられますが、一般銀行では前出の項目で引っかかる部分があると審査してもらえないこともあります。
収入に関しては、確定申告の申告所得で見られますから、節税もほどほどにしないと低年収とされてしまいます。
3年分の確定申告書を用意して、取引のある銀行で相談することをおすすめします。